|ペンタブで描く、手描きパース。|

MESSA

本来の手書きですと、修正依頼の対応に難しいですが、Layer分での色付け作業ですので、変更修正が可能となり設計者の意図を、自由に反映させることが可能です。

リアルパースとの違い、図面のあいまいな部分(マテリアル)の表現、初期イメージの表現に最適とおもわれます。最終パースとしても、ご利用ください。

無断転載禁止

『手描きパースの作業工程 1ー3Dによる簡単な形状起こし、アングルの確認/決定。2ー基本ラインの線書き、添景の加筆。3ー色付け。4ー完成』